シャンプー鑑定

みなさん、こんにちは

hair design calm 中山です。

今回はシャンプー鑑定ですが、シャンプー名はかくしてありますが、市販ではよく売れているシャンプーですので、参考にしてみてください。

内容成分

溶剤(他の成分を溶かし込むための基剤)

ラウレス硫酸Na

極めて高い脱脂力を持つ界面活性剤。エンジンの油落とし、車の洗車用洗剤に用いられる。タンパク質変成作用等もあり、刺激も強い。値段が安い。

ココイルメチルタウリンタウリンNa

ヤシ油とタウリン(アミノ酸に近い成分)で構成される界面活性剤。

ココアンホ酢酸

天然成分を原料としたベタイン系の界面活性剤。とてもマイルドで、ごわつかず、しなやかに洗い上がる。

コカミドプロピルベタイン

天然成分を原料としたベタイン系の界面活性剤。刺激は少なく、 ベビーシャンプーによく使われる。

ジステアリン酸グリコール

パール化剤(シャンプー剤に光沢を与える。髪に艶が出る訳ではない)。 市販のシャンプーによく配合されている。保湿、補修等の効果はない。

DPG

ベタつきが少ない保湿剤で、柔軟効果を持つ。

コカミドMEA

ヤシ油から抽出される成分で、製品を安定させる働きがある。

ソルビトール

乾燥に対して、一定の水分を保つ働きを持つ。刺激、毒性がない。

塩化Na

塩。収れん作用、キューティクルをととのえる効果がある。ラウレス硫酸に加えると、激しく粘度がます。

ヒドロキシエチルウレア

一般的に尿素と呼ばれるもの。保湿、補修効果がある。

ポリクオタニウム-7

帯電防止効果があり、髪の絡まり、きしみを防ぐ。

トウツバキ種子油

植物性油脂。酸化しづらく、保湿、紫外線予防効果がある。

ポリクオタニウム-61

リピジュアとも言われ、ヒアルロン酸の2倍の保湿力がある。

ジメチコン

シリコン。洗浄力の高いシャンプーのごわつきを改善するために配合される。

クエン酸

シャンプーのphを調節して、安定させる。酸化防止剤としても使用される。柑橘類から抽出する。

ローカストビーンヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド

合成ポリマー。溶剤として配合。

ビスイソブチルPEG-14アモジメチコン

シリコン。特に痛んだ髪に吸着して、ツヤを与える。

EDTA-2Na

製品の変色や劣化を防ぐ。皮膚や粘膜に刺激がある。

ラウロイルメチルタウリンNa

性質がアミノ酸に似ていて、低刺激で安全性の高い界面活性剤。

ココイルグルタミン酸K

植物由来の界面活性剤。保湿効果もある。

グリセリン

皮膚にも存在する保湿剤。安全性が高い。

BG

アルコールの1種。抗菌性があるため、防腐剤として配合。エタノールよりも皮膚刺激が少ない。

ココイルアルギニンエチルPCA

抗菌性をもち、髪の帯電防止効果がある。生分解性に優れ、安全性の高い界面活性剤。

フェノキシエタノール

代表的な防腐剤。パラベンよりも防腐効果は低い。配合量は1%以下と決められている。

安息香酸Na

強い抗菌作用を持つ防腐剤。配合量は1%以下と決められている。

香料

製品に香りをつけるもの。科学成分。

黄4 、黄5

着色料。皮膚に対して刺激があり、炎症などを引き起こす。コストが低く、色が鮮やかに出ることから、多様される。

一見、安全性の高いものや、植物性の成分もあるが、大半をラウレス硫酸という粗悪なものを使っている。

また、様々なシリコンを配合しているため、毛穴が塞がる心配もある。

肌の弱い方、頭皮に問題がある方は、絶対に使わない方がよい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>