水分へアパック

ある通販サイトで、売上No.1になっていたシャンプーです。内容はどうなっているんでしょうか?

内容成分

他の成分を溶かし込み、シャンプーのベースになるもの。

ラウレス硫酸Na ×

ラウリル硫酸の刺激が強いということで、改良され生まれた洗浄剤。きわめて強い脱脂力を持ち、タンパク変成作用などもあり、刺激も強い。エンジンの油落とし剤、車の洗車用洗剤などに使われる。旧表示指定成分である。

ジステアリン酸グリコール ◯

油剤。シャンプーやトリートメント液にパール光沢や乳濁感を与える。

コカミドMEA △

洗浄剤の助剤として配合される。起泡剤としての効果もある。

ココアンホ酢酸Na ◯

天然成分を原料とした、ベタイン系の界面活性剤。とてもマイルドで、コンディショニング効果もあり乳化剤として化粧水や乳液、クリームにも使われる。

DPG  △

べたつきの少ない保湿剤として、よく使われる。また、感触改良剤、溶剤、などとしても使われる

ココイルメチルタウリンタウリンNa ◯

ヤシ油とタウリン誘導体で構成される界面活性剤。
とても低刺激で、泡立ちも良い。タウリンはアミノ酸にとても近い成分で、とても高価。

ステアリルアルコールステアリルアルコール ◯

鯨ロウ、マッコウ鯨油から得られる。
セタノールと並び代表的な高級アルコールで、皮膚を保護し、滑らかにする。

ソルビトール △

多価アルコール、という分類の保湿剤。保湿力は控えめだが、乾燥に対して一定の水分を保つ性質がある。高濃度でも毒性や刺激性がないので、ハミガキなどにも使われる。

ジメチコン ▲

シリコン。髪や頭皮をコーティングして、光沢を出す。配合量が多いと毛穴のつまりの原因になる。

塩化Na △

塩。殺菌効果や増粘剤として用いられる。シャンプーやトリートメントに、とろみをつける。

グルタミン酸 ◯

アミノ酸の一つ。グルタミン酸が不足すると、脳や神経系の病気になりやすい。化粧品原料としては保湿作用がある。

アルギニン ◯

アミノ酸の一つ。保湿効果などの目的でヘアケア、スキンケア製品に配合される。 皮膚や毛髪もアミノ酸からできているのでなじみが良い

ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル) ◯

アミノ酸や高級アルコールから作られる油分。損傷毛の強度回復や、手触り感をアップさせる。疑似セラミドとも呼ばれる

ステアリルジヒドロキシプロピルジモニウムオリゴ糖 △

保湿成分。仕上がりにツヤ感と手触り感を加える。

ローカストビーンヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド △

合成ポリマー。コンディショニング効果がある

クエン酸 ◯

酸化防止剤、収れん剤などとして幅広く使われている。 生体成分であるため安全性も高く、スポーツ飲料などにも使用される。

ラウロイルメチルタウリンNa ◎

人体や動物の胆汁に存在するタウロコール酸と似た構造をしている界面活性剤。安全性が極めて高く、アトピー性皮膚炎の人でも使える

EDTA-2Na △

金属イオンを封鎖し軟水化することで、劣化を防ぐキレート剤。(ミネラル分が多く入っている硬水を化粧品に用いると、品質の劣化を招く。)

PG  ▲

保湿剤、溶剤として使われ、また抗菌作用もある。皮膚への刺激が強く、頭皮に痒みが出る可能性がある。

トコフェロール ◯

ビタミンEのこと。アンチエイジング効果があり、髪にハリを出す。

安息香酸Na ▲

防腐剤として配合される。食品などにも用いられる。アレルギー反応を引き起こす危険性もある

フェノキシエタノール ▲

殺菌効果があるので防腐剤として使われる。安全性などの面から化粧品での使用配合量は上限1.0%までと決められている。

香料 ▲

旧表示指定成分。香り付けを目的として配合されているが、皮膚に炎症を起こす危険性がある

アイコン説明

◎・・・非常によい

◯・・・よい

△・・・普通

▲・・・悪い

×・・・非常に悪い

『ベースはやはり、ラウレス硫酸・・。その他の成分で保湿、保護をしようとしているのでしょうが、効果のほどは?ってとこでしょう。

皮脂を根こそぎとった頭皮に、刺激になる成分がいくつか気になります。フケやかゆみの原因につながります。カラーやパーマをかけている髪に使用すると、内部タンパク質が流出してしまいそうです。個人的にはオススメしません。

他の成分でリカバーしようというのなら、そもそもベースの成分を変えた方が、いい結果が出ると思います(もちろん材料費は数倍にはなるでしょうが。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>