トリートメント

みなさん、こんにちは。

自称へなちょこ美容師の中山です。本日きていただいたお客様から早速ブログみました、と声をかけていただきました。励みになります。

さて、今日はトリートメントについてです。

男性にはあまりなじみがないかもしれませんね。

では、まずトリートメント、コンディショナー、リンスの違いは?

簡単に言いますと、髪の内部に浸透していくのがトリートメント、外部に付着するのがリンス、コンディショナーです。役割が違うんですね。

髪の毛が痛んだとよく言いますが、それは髪の内部のタンパク質が出ていったことを指します。(表面のキューティクルがはがれたりもしますが、主にタンパク質流出が原因で髪は痛みます)

内部が痛んでいるのに、リンスやコンディショナーでは、意味がないんです。リンス、コンディショナーは手触りがよくなるので、痛みが減ったような気がするんですが、じつは何も改善されていないのが現状。

髪をきれいにしたいのであれば、必ずトリートメントを使ってください。トリートメントと表示があるものは必ず内部に浸透していくタンパク質が配合されています。

しっかりトリートメントを使っていただければ、リンス、コンディショナーはいらないくらいです。

もし使うのであれば、シャンプー→トリートメント→リンスorコンディショナー の順で使ってください。

余談ですが、リンスの成分は選択の柔軟剤とほぼ一緒という話を聞いたことがあります。それ以降お店で使うものもそうですが、自分でもリンスは使ったことはありません。

そんなところで、今日はここまで。

明日は『トリートメントの必要性』につて書いていきます。

髪をきれいにしたい方は必見の内容です