トリートメントその2

みなさん、こんにちは。

じつはケアリストという資格を持っています中山です。髪の知識に対する資格みたいなものです。

さて、今日はトリートメントの必要性についてです。

先に言ってしまうと、髪の短い方(ショートヘア、男性の方など)は必要ないでしょう。なぜなら髪が痛んだそばから切っていくので痛んでいる髪そのものがあまりありません。

しかし、女性の多くが髪をきれいにしたい、もしくは伸ばしたい、と思っています。

なかなか髪をきれいにするのは難しいですよね。今はカラーやパーマなどで痛んでいる方も多いですし。

じつはカラー、パーマをしていない方だと髪の毛はそんなに痛んでいないんです。しかし今はほとんどの方がカラーしている現状です。そこで必要になるのがトリートメント。

髪の毛はシャンプーするだけでも内部のタンパク質が流れていってしまいます。(正確には濡らしただけでも流失します。)さらにカラーをしている方だと流れ出すタンパク質の量は飛躍的に増えます。

毎日シャンプーするのに何もしないと、どんどん髪の中身がなくなっていき、ダメージが広がってしまうのです。

そこで必要なのがトリートメント。シャンプーの際、流れ出るタンパク質はしょうがないとして、出ていった分おぎなってあげるのです。そうすることで髪のダメージの進行をかなり抑えることができます。

これもシャンプー同様、簡単なことなんですが、毎日続けることがとても大事です。

さて、今日はここまで。明日は『お店でやるトリートメントっていいの?』です。

乞うご期待